金融商品取引法TOP金融商品取引法記事一覧 > 金融商品取引法 | 金融商品取引法について

金融商品取引法 | 金融商品取引法について

金融商品取引法を施行するにあたって、施行のメリットはもちろんたくさんあるようです。金融商品取引法とは金融商品を横断的に規制する法律のことを言うようです。形式としては証券取引法の内容を大幅に改正して、その名称を変更したものなのです。大手の金融機関や保険会社はコンプライアンス体制の強化などに対して準備をするなど、2007年秋の施行に向けて、少しずつではあるようですが変わってきているようです。先に施行された金融商品販売法と、いわば車の両輪となっているようです。

成立した金融商品取引法は、銀行や証券会社、保険会社、商品先物取引会社に対し、元本割れリスクなど商品の説明を顧客にきめ細かく行うよう義務付けたのです。金融商品取引法は投資家を保護する観点から、投資の対象となる金融商品の取引に関するさまざまな規制を定めているようです。金融商品取引法の一部に組み込まれているのもそのためだと思うのです。

金融商品取引法は、投資を拡大させ健全に証券市場を発展させるためには、株式や投資信託、金融派生商品、商品先物、外国為替証拠金取引など、投資家が損失を被る可能性のある金融商品を包括的に一括して規制する法律が必要となったことが背景にあるようです。ある大手生命保険会社では、80歳以上の投資家には投信購入の口座を開設するときには慎重を期すように説明していくという方針となっているようです。ライブドアの時間外取引を使った手法や、村上ファンドの5%ルールを悪用した仕手筋的な手法が問題視されたために、株売買に関する法改正の必要性が求められていた為に、規制や罰則の強化が盛り込まれた金融商品取引法が制定されることになったのです。

利用者保護については、証券取引法を改正して従来の法制のすき間を埋め、投資性のある金融商品をできるだけ幅広く横断的に規制対象としているようです。また、今までばらばらだった金融商品ごとの法律をまとめたためにルールが定まり、投資家の保護がしやすくなるという点、金融商品の登録が一度で済むという業界側のメリットも挙げられるようです。